セミナー講師、勉強会講師派遣

 セミナー講師、勉強会講師として、専門知識を活かした国家資格保有のコンサルタントを派遣致します。

中小企業診断士

 中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。
 中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。
 中小企業基本法では、中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者(公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)として位置づけられています。

(中小企業診断士協会HPより)

税理士

税理士はあなたの信頼に応えます。

 

●暮らしのパートナーとして

 

身近にいつでも相談できる親しい税理士を見つけておくことも生活の知恵です。

健康のことでホームドクターに相談するように、税金のことは税理士に「事前」に相談することがもっとも賢明な方法です。
税理士は職務上知り得た秘密を守り(守秘義務)、相談者との信頼関係を揺るがすことはありません。

 

 

●社会公共的使命をもって

 

公平な税負担により、住みやすい豊かな暮らしを守る。これが、税理士の社会的使命です。

時代に適合した透明な税務行政がなされるよう、公正な立場で、税理士は国への働きかけをしています。それらの使命を全うするため“税理士会”という大きな組織の力で日々活動しています。

 

 

●申告納税制度の担い手として

 

税理士は、税の専門家として納税者が自らの所得を計算し、納税額を算出する申告納税制度の推進の役割を担います。

正しい税金の知識を持ち、正しい納税の意識を身につけていただくために、税理士はその手助けを惜しみません。

(税理士会HPより)

社会保険労務士

社会保険労務士及び社会保険労務士法人の業務

  • 労働社会保険諸法令に基づく申請書等及び帳簿書類の作成

  • 申請書等の提出代行

  • 申請等についての事務代理

  • 都道府県労働局及び都道府県労働委員会における個別労働関係紛争のあっせん手続の代理

  • 都道府県労働局における男女雇用機会均等法、パート労働法及び育児・介護休業法の調停の手続の代理

  • 個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う裁判外紛争解決手続における当事者の代理(紛争価額が60万円を超える事件は弁護士との共同受任が必要)

  • 労務管理その他の労働及び社会保険に関する事項についての相談及び指導

(社会保険労務士協会HPより)

ファイナンシャル・プランナー

ひとりひとりの夢や目標=ライフプランをかなえるためにはお金の準備が必要です。そこでポイントになるのが計画的に資金を用意しておくこと。夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法が「ファイナンシャル・プランニング」です。

ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税金、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP=ファイナンシャル・プランナーです。

FP=ファイナンシャル・プランナーは、相談者の夢や目標を達成するため、ライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険など、あらゆるデータを集めて、現状を分析します。

そして、相談者の立場で考え、長期的かつ総合的な視点で様々なアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助します。

(日本FP協会HPより)

ITコーディネータ

ITコーディネータは経済産業省推進資格です2001年、通商産業省による国家プロジェクトの一環としてITコーディネータ資格制度は設けられました。
現在、経済産業省の推進資格として、約6500名の資格保有者が全国各地で活動しています。 あらゆる業種や多様な職域で活躍しています製造業、小売業、サービス業をはじめ自治体、病院、学校、農業法人など多様な業種で数多くの実績、成果をあげてきています。活動形態も独立業として、ユーザ企業・ベンダ企業内人材として、また政府、自治体のCIO補佐官など、多様な職域で活躍しています。

真に経営に役立つIT利活用を実現する人材ですITコーディネータは、真に経営に役立つIT利活用に向け、経営者の立場に立った助言・支援を行い、IT経営を実現する人材です。
時代の潮流はSaaS/クラウド-経営革新・業務改革ニーズに合致する戦略的なIT利活用の推進人材として新たな役割を担います。 高い専門性とネットワークによる幅広いサポートを行っていますITコーディネータの多くは経営系、IT系の専門知見、専門資格を持った人材です。各地域のコミュニティやITコーディネータによるネットワークを通じ、お客様の課題に対し幅広い専門性を持ったサポートを行っています。

日本企業の経営を支援する多数の団体が応援していますITコーディネータ協会の運営には、商工三団体、情報産業団体、中小企業診断協会、日本税理士会連合会、日本公認会計士協会など、日本企業の経営を支援されている数多くの団体、組織から理事(役員)としてご協力をいただいています。

(ITコーディネータ協会HPより)

システムアナリスト(情報処理技術者)

情報処理技術者試験とは

 情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。
 情報システムを構築・運用する「技術者」から情報システムを利用する「エンドユーザ(利用者)」まで、ITに関係するすべての人に活用いただける試験として実施しています。特定の製品やソフトウェアに関する試験ではなく、情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる知識・技能について、幅広く総合的に評価しています。

(情報処理推進機構HPより)

販売士

■販売士資格とは

「あそこのお店は良いお店だ」という評判を聞きます。「良いお店」とはどういうことなのでしょうか。感じが良いとか、接客が良いとか、品物が揃っているとか、いろいろあると思います。しかし、ただそれだけでは、これからの小売・流通業界を乗り切っていけませんし、真に消費者のニーズに応えているとは言えません。
 消費者の目も厳しくなってきている現在、最も大切なことは、取り扱っている商品に対して専門的な知識を持ち、商品陳列、接客技術に習熟していること、また、消費者の購買特性を知り、消費者の疑問に対して十分納得のいく説明ができる高度な知識を身につけることです。
 「小売・流通業界で唯一の公的資格」である販売士は、小売・流通業のみならず、卸売業や製造業、サービス業において販売業務に携わる方にとっても、幅広い知識を修得するために役立つ資格です。

(販売士協会HPより)

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、宅地建物取引業の業務に従事するときは、宅地又は建物の取引の専門家として、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実にこの法律に定める事務を行うとともに、宅地建物取引業に関連する業務に従事する者との連携に努めなければならない。

行政判断(改正宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方)によれば、宅地建物取引士は宅地建物取引の専門家として、専門的知識をもって適切な助言や重要事項の説明等を行い、消費者が安心して取引を行うことができる環境を整備することが必要がある。このため、宅地建物取引士は、常に公正な立場を保持して、業務に誠実に従事することで、紛争等を防止するとともに、宅地建物取引士が中心となって、リフォーム会社、瑕疵保険会社、金融機関等の宅地建物取引業に関連する業務に従事する者との連携を図り、宅地及び建物の円滑な取引の遂行を図る必要があるものとするとされている。

(ウィキペディアより)

テクニカルアナリスト

 日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)は、国際テクニカルアナリスト連盟(International Federation of Technical Analysts、通称IFTA)に加盟しており、1997年からIFTAの資格試験制度に合わせて、通信教育講座と資格試験を実施しています。

 テクニカル分析は、時間と共に価値が変化するものに対して広く応用することができます。株式だけでなく、債券、為替、商品取引などあらゆる投資商品に適用することが可能です。場合によっては、経済指標の変化の分析に利用することもできます。証券・銀行等で市場商品を扱っておられる方や、投信・年金基金等運用会社の運用担当者、さらには調査情報業務に従事されている方、また、広くテクニカル分析に興味のある方など、是非とも奥の深いテクニカル分析を学び、国内に限らずグローバルな投資に役立てて下さい。

(日本テクニカルアナリスト協会HPより)

© 2015-2019

アルファ

コンサルティング

アクセス

〒541-0044

大阪市中央区天満橋京町3-5

​福助ビル702号室

 

お電話&ファックス

TEL:06-6926-4841

FAX:06-6926-4842

連絡先

takatoku@alphaconsul.com

大阪市中央区で税理士をお探しなら【アルファコンサルティング】